日本企業に最適な機能・UI/UXで
あらゆるビジネスチャンスにコネクトする

REBLITZ(リブリッツ)は、エスキュービズムが開発したエンタープライズ向けアプリケーション開発フレームワークです。日本のマーケットや商慣習への理解の上で作られたフレームワークだからこそ、変化の激しい時代においてもビジネス・サービスを拡張させる仕組みを生み出すことが可能となります。

エンタープライズ向けシステムを支える充実した機能と、企業ごとの独自のビジネスロジックを疎結合させ、大規模な基幹システムを始めとするあらゆるシステムとフロントサイドを連携することが可能となります。ビッグデータやAI活用が求められる時代において、様々なIoT(コネクテッドデバイス)・ユニファイドコミュニケーションを実現し、新たなビジネスチャンスの創出に不可欠で強固なシステム基盤を構築します。
開発に際しては、豊富なノウハウを持ったコンサルタントがシステム導入をサポートします。

REBLITZ(リブリッツ)の概念図
REBLITZの特長

安定性・安全性を実現する最先端ツール

アクセスが急増しても安定した運用を実現

アプリケーションの実行環境はクラウドネイティブなマネージドサービスを使用し半自動化しているため、運用コストを抑えられ、急なアクセス増加への対応も可能にします。

構築段階における脆弱性要因混入を最小化

継続的なシステム脆弱性対応とコード品質の担保のために、アプリケーションセキュリティテストの世界的リーディングカンパニー、Asterisk Researchが提供する「SecureAssist®︎」およびSynopsysが提供する「Coverity®︎」を導入。管理サーバには全ての解析結果が集積され、ナレッジとして蓄積されます。指摘箇所についてレビュワーが誤検知/意図的/バグなどの仕分けを行うことで、それ以降同様のコードを検知した時に前例に倣った仕分けを行います。これにより、優秀なエンジニアのレビュー品質をデータ化することが可能です。

徹底した個人情報保護

個人情報保護の観点から、閲覧権限の有無に関わらず、個人情報が取得されたら監査ログが自動記録されます。また、標準がMS SQL Serverであるため、データベースレベルで個人情報のDDM(ダイナミックデータマスキング)に対応可能です。

REBLITZの特長

柔軟性・拡張性を実現するマイクロサービス

サービス追加・システム改修のコスト/納期を圧縮

REBLITZ(リブリッツ)は、より小さなサービスの集合体として構築するマイクロサービス的な構造を採用しているため、機能の追加やアップデートにおけるコストと納期の圧縮を可能にします。

柔軟性・拡張性を実現するマイクロサービス

フロント側のニーズに柔軟に応えるアジャイル開発

複数のビジネスロジックの同時運用、細かいロール権限の設定、全ての機能の基幹システム連携など、サービスの充実を測るためのフロント側の様々なニーズにアジャイル開発で柔軟に対応します。

フロント側のニーズに柔軟に応えるアジャイル開発

将来のビジネス拡張を見据えたスモールスタートにも最適

限られた予算からスモールスタートし、段階的にサービスを追加していく長期的なプランにも最適です。

将来のビジネス拡張を見据えたスモールスタートにも最適
REBLITZの特長

日本のマーケットや商慣習に最適化されたUI/UX設計

国産の開発フレームワークだからこそ、日本の商習慣に合わせてUI/UXの最適な設計が可能です。

  • REBLITZ(リブリッツ)

    エスキュービズムが開発した国内産フレームワーク。家電・自動車流通などの事業経験をもとに、国内メーカー・小売の目線で開発。

  • 他社フレームワーク

    海外版をもとに開発されたフレームワーク。

REBLITZ 導入事例

日本のマーケットや商慣習を理解し、変化の激しい時代におけるビジネスの課題に応え、
サービスを拡張させる仕組みを生み出すREBLITZ(リブリッツ)の導入事例をご紹介いたします。

三井不動産株式会社

目指したのは最先端のオフィスビルに相応しい
「BtoBtoE」という価値提供

三井不動産株式会社様では常に新しい付加価値を提供できるオフィスビルの在り方を考え、働く人々が快適に過ごせるオフィスビルを実現すべく、テナント企業向け会員制施設・サービス「mot. 三井のオフィス for Tomorrow / Mitsui Office for Tomorrow」を構築しました。

REBLITZ(リブリッツ)に関するお問い合わせ

システム開発のご相談はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

REBLITZ(リブリッツ)の導入により、
次世代のビジネス戦略における新たなサービス創造が可能に

REBLITZ(リブリッツ)は、これからの時代において全ての業種で求められる高い次元のOMO(Online Merges with Offline=オンラインとオフラインの融合)構想の実践とビジネスのグローバル展開を可能にする機能が充実しています。

統合データから複数のサイトを構築

ユニファイドプラットフォーム

REBLITZ(リブリッツ)のマルチプラットフォームでは、商品や在庫数など、複数のプラットフォームにまたがって同じビジネスロジックを共有した複数サイトの構築、サイトごとに異なるビジネスロジックを持った複数サイトの構築が可能です。

REBLITZ(リブリッツ)で統合データから複数のサイトを構築|ユニファイドプラットフォーム

あらゆるデバイスで最新データにアクセス

マルチデバイス

複数のデバイスから商品情報・顧客情報等のデータの参照およびビジネスロジックの利用を呼び出すことが可能。REBLITZ(リブリッツ)が提供するAPIによって最新の情報がリアルタイムで連携されるため全てのタッチポイントで統一された高品質なサービスを提供できます。

様々なデバイスをつなぐREBLITZ(リブリッツ)|マルチデバイス

WEBと店舗をシームレスに連携

マルチショップ

REBLITZ(リブリッツ)では、ECサイト、実店舗の分け隔てなく商品・在庫管理が可能です。EC在庫照会および在庫操作に必要なAPIを提供し、店舗システム・WMS等からリアルタイムでの業務処理を実現します。

REBLITZ(リブリッツ)でWEBと店舗をシームレスに連携|マルチショップ

複数の店舗・倉庫の在庫情報を
リアルタイムに統合

ユニファイドウェアハウス

REBLITZ(リブリッツ)なら複数の店舗・複数の倉庫を想定した在庫管理が可能。倉庫をまたがったリアルタイムでの在庫引き当てや、複数倉庫・店舗からの出荷といった複雑なプロセスへの対応を容易にします。

REBLITZ(リブリッツ)で複数の店舗・倉庫の在庫をリアルタイムに統合|ユニファイドウェアハウス

多言語表示に対応

マルチランゲージ

ユーザーページ、管理者ページ共に各種言語に対応。同じ構成のサイトを国ごとに言語を切り替えて表示したり、日本国外のメンバーが運用管理を担うといった場面に適応するシステム構築を可能にします。

REBLITZ(リブリッツ)は多言語表示に対応しています

REBLITZが選ばれる理由

Consulting

複雑なビジネスロジックを伴う
システム開発において、
豊富なナレッジを活かして
サービスの仕組み構築から
伴走するコンサルティング

Agile Dev.

ビジネスを運用していく中で
得られたフィードバックを
素早くフロントシステムに
反映できるアジャイル開発

Customize

標準的なECサイト機能を
ベースにしたカスタマイズ開発により、
大規模な予約施設等の新規システムも
コストを抑えて構築可能

REBLITZ(リブリッツ)に関するお問い合わせ

システム開発のご相談はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連ページ

RETAIL TREND:国産フレームワークのメリット
いますぐお問い合わせ